百瀬医院 紹介

百瀬医院の歴史

百瀬医院は大正2年(1913年)に百瀬光雄が東京市(現東京都)亀戸に開業したのが始まりです。昭和21年(1946年)に、現在の杉並区清水町に場所を移し診療を続けて参りましたが昭和33年(1958年)に光雄が他界し、百瀬せつ子に受け継がれ、内科小児科を標榜、その後58年に渡り、診療を続けて参りました。このたび、場所を移し「百瀬医院 内科・循環器内科」としてリニューアルし、3代目の百瀬満がメインで診療に当たることになりました。

  • 大正時代の百瀬医院 亀戸
    (大正時代の百瀬医院、亀戸)
  • 杉並区移転後の百瀬医院 昭和42年頃
    (杉並区移転後の百瀬医院 昭和42年頃)

医師紹介

院長百瀬せつ子 (小児科・内科担当)

帝国女子医専(現東邦大学医学部)卒。東京逓信病院小児科を経て百瀬医院を開業。東京小児科医会所属。乳幼児健診をはじめ主に小児医療一般を担当。

医師百瀬郁光 (内科担当)

日本医科大学卒。日本医科大学行徳内科、東京大学放射線科、横浜市立大学病院放射線科、日本専売公社東京病院放射線科部長を経て、百瀬医院に入職。

副院長百瀬満 (内科・循環器内科担当)

百瀬満

経歴

  • 1990年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒
  • 同年~東京女子医科大学 循環器内科
  • 1994年~東京都立府中病院(現東京都立多摩総合医療センター)循環器科
  • 1997年~東京女子医科大学 放射線科
  • 2000~02年ミュンヘン工科大学核医学科研究員
  • 2011年東京女子医科大学画像診断核医学科講師
  • 2016年同 准教授
  • 2017年10月~
    同大学退職後
    東京女子医科大学非常勤講師(毎週木曜日1日勤務)

資格

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本核医学会専門医
  • PET核医学認定医
  • 博士(医学)

その他 院外での役職

  • 立正佼成会附属佼成病院循環器科非常勤医(毎週火曜日午前勤務)
  • 日本心臓核医学会 幹事・教育委員
  • 日本核医学会 評議委員
  • 和文誌「臨床核医学」編集委員長
  • 英文誌 Annals of Nuclear Medicine編集委員

これまでの主な診療歴

  • 内科一般、二次・三次救急医療の研修
  • 循環器内科専門研修・専門外来
  • 心臓核医学検査(SPECT・PET)、運動負荷試験を用いた心疾患の病態診断
  • 画像診断(CT、MRI)、癌の放射線治療を研修
  • 悪性腫瘍のPET診断
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に対する放射線ヨウ素治療(専門外来)

これまでの研究歴・講演の記録

百瀬満の論文・講演

当院の医療設備

クリックまたはタップすると画像が拡大します。

  • X線診断装置(島津製作所)

    X線診断装置(島津製作所)

  • 心電図・血圧脈波検査装置(VaSera,フクダ電子)

    心電図・血圧脈波検査装置
    (VaSera,フクダ電子)

  • 24時間ホルター心電図(フクダ電子)

    24時間ホルター心電図(フクダ電子)

  • 超音波診断装置(VividT8, GEヘルスケア)

    超音波診断装置(VividT8, GEヘルスケア)

  • 電子カルテ/画像サーバ (ダイナミクス/RS_base)

    電子カルテ/画像サーバ
    (ダイナミクス/RS_base)

  • AED (Philips)

    AED (Philips)

院内写真

クリックまたはタップすると画像が拡大します。

  • 入り口
  • 受付-待合室
  • 待合室
  • 廊下と診察室入り口
  • 診察室1
  • 診察室2
  • 検査室
  • トイレ
  • 看板
  • 室内看板

診療時間

診療カレンダー

  • 内科(百瀬せつ子、百瀬満、百瀬郁光)
  • 循環器内科(予約制*)(百瀬満)
  • 小児科 *乳幼児健診:完全予約制(百瀬せつ子)

*ご予約・お問い合わせの方はお電話下さい(インターネットでの予約はできません)。

TEL 03-5311-3456

区民健診は随時受け付けます。現在、杉並区、練馬区民の健診が可能です。

アクセス

東京都杉並区清水2-5-5
荻窪駅から徒歩約12分

荻窪駅北口より下井草駅行きバス停「清水1丁目」下車、徒歩3分

駐車場はクリニック前に2台用意しております(1台は小型車用)